Excelを学びたいなら講座に参加しましょう

スキルを証明するために最適なパソコン資格

subpage1

パソコン資格の優れている点は、多くの仕事でパソコンを利用することが当たり前の時代になっているため、そういったパソコンのスキルがどのくらいあるかを証明することができることです。

例えば、そのパソコン資格を所有していれば、どういった作業を任すことができるかを使用者が想定しやすい点があります。
なかでもマウス検定というのが存在し、それはマイクロソフトのワード、エクセル、パワーポイントがどのくらい使用できるかを証明する検定試験です。

パソコン資格情報探しのサポートをいたします。

これに合格するとワードやエクセル、パワーポイントがどのくらい使いこなせるかを理解することも可能となり、また比較的に年に何回も開催されているので合格するまで受験し続けることも可能となります。



つまり履歴書でパソコン資格を記入しておけば、その求職者がどういったスキルを持っており、何ができるかまでが理解しやすいのが優れています。

ただ実際には業務ではその資格自体を必要とすることは稀であるのは確かです。
業務において法律上、そういった資格を所有している方に任さなければならないという様に法律で規定されていることはないからです。
パソコン資格で他に人気のあるスキルを証明する資格には情報処理技術者試験が存在しますが、それを取得することは推奨されるケースが多くなります。その理由としては、IT企業に所属している従業員に占める情報処理技術者の数は企業の情報公開が進み、必須となる流れがあるからです。


また官庁系の案件受注においてもその資格者の数が決め手になることもあるため、企業全体としてのメリットもあります。



パソコン講座の大人の常識

subpage2

パソコンと言えば、サラリーマン専用のツールだと思われていますが、実際は主婦もまた持っておきたい製品です。確かに今日ではサラリーマンがオフィスで活用する製品といったイメージが大変強いですが、一方で独学でパソコンを学ぶ主婦の数が近年増えつつあります。...

next

パソコン講座の情報分析

subpage3

パソコンが一般的なツールになりました。昔はパソコンが使える事はある種の特殊技能でした。...

next

パソコン講座の最新考察

subpage4

就職状況が改善しつつあるといわれていますが、今でも、事務職の人気は高く、事務職に応募すると倍率は高くなります。採用する側からは、事務処理能力の目安としてパソコン能力を重視します。...

next

パソコン講座コラム

subpage5

社会人の必須スキルとして、パソコンスキルが今では当然のように要求されています。今現在の20代後半から30代の男女は、学校の授業や独学でパソコンスキルを体得しています。...

next